頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部

国民運動組織『頑張れ日本!全国行動委員会』の三重県四日市支部です。誇りある日本を取り戻すべく、草の根の民が起ち上がる「草莽崛起」の運動を展開しています。三重県民よ結集せよ

プロフィール

三重乃日の丸

Author:三重乃日の丸
 頑張れ日本!全国行動委員会の三重県四日市支部へようこそ。
 日本各地に住む草の根(草莽)の一日本人として、祖国の危機を踏まえ、吉田松陰が主張したところの「草莽崛起」を決意し、地に足のついた生活の中から、日本と日本人を見つめ、友や同胞のために「涙」流し、家族のために「汗」を流し、祖国のために「血」を流せる、そんな日本人らしい魂を持った新しい草の根(草莽)の全国組織として、『頑張れ日本!全国行動委員会』が平成22年2月2日に設立されました。
 そして、我らが三重県にも、平成24年3月23日に『三重県四日市支部』を設立しました。
 

  • 岡田克也&中川正春の落選キャンペーン

 現在、「頑張れ日本!全国行動委員会」の支部により、あっちこっちで民主党“国賊”議員を落選させるためのキャンペーンが行われています。
 現在進行中なのは、東京6区の小宮山洋子と、愛知3区の近藤昭一です。どちらも、とてつもない売国奴ですからね。なんとしてでも次の選挙で叩き潰さなければなりません。
 でもって、これから同じようなキャンペーンが展開されるのが、東京18区の菅直人、愛知5区の赤松広隆、静岡5区の細野豪志です。特に、昨年の東日本大震災と福島第一原発事故における菅直人・総理(当時)の非道・悪行ぶりは、国民の誰もが知るところであり、また反日勢力と結託してもいますからね。絶対に潰さねばなりません。

 そして、そして、そのキャンペーンを遂にご当地、三重県四日市支部でも始めます。内閣副総理・岡田克也と、元文部科学大臣・中川正春。この地元が生んだ、とてつもない役立たず…というか反日とさえ言えるような国賊議員を、何が何でも次の選挙では落選させ、立法府から引きずりおろさねばなりません。

 神武天皇から2672年も続いて来た皇国日本を護るため、悪辣な隣国の侵略から日本を守るため、日本国の国土、領海、排他的経済水域となによりも国家主権を守るため、そして日本国民の生命と財産を守るためには、真正保守政権を樹立しなければならないのです。
 民主党議員を落選させ、きちんとした、本物の保守政権を樹立できる人を、国会に送り込みましょう。

 
 「頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部」では、草莽崛起(そうもうくっき)のこの運動に加わってくれる“憂国の志士”を大募集しております。
 勇気と志をお持ちの“志士”は、メールにて itaike240@yahoo.co.jp にご連絡ください。
 また、応援してくださる方は、本ブログに書き込みをどうぞ。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する