頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部

国民運動組織『頑張れ日本!全国行動委員会』の三重県四日市支部です。誇りある日本を取り戻すべく、草の根の民が起ち上がる「草莽崛起」の運動を展開しています。三重県民よ結集せよ

プロフィール

三重乃日の丸

Author:三重乃日の丸
 頑張れ日本!全国行動委員会の三重県四日市支部へようこそ。
 日本各地に住む草の根(草莽)の一日本人として、祖国の危機を踏まえ、吉田松陰が主張したところの「草莽崛起」を決意し、地に足のついた生活の中から、日本と日本人を見つめ、友や同胞のために「涙」流し、家族のために「汗」を流し、祖国のために「血」を流せる、そんな日本人らしい魂を持った新しい草の根(草莽)の全国組織として、『頑張れ日本!全国行動委員会』が平成22年2月2日に設立されました。
 そして、我らが三重県にも、平成24年3月23日に『三重県四日市支部』を設立しました。
 

  • 平成25年〈皇紀2673年〉新春のご挨拶

平成25年、皇紀2673年が明けました。
あけましておめでとうございます。

昨年は当支部を設立した年であり、また、年末の土壇場で第二次安倍政権が誕生し、なんとか救国への端緒がついたのではないかと思えるような、年の暮れとなりました。

『安倍救国内閣』は見事に樹立できたものの、実際は私たち草莽の闘いはこれからです。

まずは7月の参院選で安倍自民党を勝利させなければ、結局何もできないことになってしまい、自主憲法の制定も、戦後レジームからの脱却も画餅で終わってしまいます。

本当の日本を取り戻すため、今年も地道に『草莽崛起』の活動を展開してまいります。
皇国日本を救いたい、日本のくにがらを護りたいという志を持つ草莽の士は、ぜひ活動に参加してください。


元日のチャンネル桜のあいさつで水島総社長(頑張れ日本!全国行動委員会 幹事長)が話した言葉を引用します。

「私たちはダイヤモンドではない。石ころである。石ころだが、石ころを磨き、そして石ころ同士をぶつけ合うと、火花が散る。その火花は山野を焼き尽くす大きな力となる。腐り切った日本を焼き払い、本来の日本を取り戻しましょう」

【謹賀新年】平成25年 新春の御挨拶【桜H25/1/1]】

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する