頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部

国民運動組織『頑張れ日本!全国行動委員会』の三重県四日市支部です。誇りある日本を取り戻すべく、草の根の民が起ち上がる「草莽崛起」の運動を展開しています。三重県民よ結集せよ

プロフィール

三重乃日の丸

Author:三重乃日の丸
 頑張れ日本!全国行動委員会の三重県四日市支部へようこそ。
 日本各地に住む草の根(草莽)の一日本人として、祖国の危機を踏まえ、吉田松陰が主張したところの「草莽崛起」を決意し、地に足のついた生活の中から、日本と日本人を見つめ、友や同胞のために「涙」流し、家族のために「汗」を流し、祖国のために「血」を流せる、そんな日本人らしい魂を持った新しい草の根(草莽)の全国組織として、『頑張れ日本!全国行動委員会』が平成22年2月2日に設立されました。
 そして、我らが三重県にも、平成24年3月23日に『三重県四日市支部』を設立しました。
 

  • 新年1回目の街頭宣伝活動報告

 今月14日、今年1回目の街頭宣伝活動を実施しました。

 この日、当地では珍しく大雪警報が出ていたにもかかわらず、それでも近鉄四日市駅北口ふれあいモールにて、「朝日新聞を糺す100万人署名」、「美しい日本の憲法をつくる1000万人署名」、「北方領土返還要求署名」、そして「拉致被害者救出署名」の4つを同時にやりました。

P1140127-2.jpg

 朝日新聞を糺す署名や憲法改正の署名は、これまででも署名に応じてくれる人が比較的多かったのですが、拉致被害者救出と北方領土返還要求の方は、なかなか署名が集まらないというのがこれまでの実情でした。
 しかし、安倍総理とプーチンロシア大統領の会見があって北方領土返還の問題がクローズアップされたことなどから、北方領土返還要求にも署名してくださる方が増えました。

P1140128-2.jpg

P1140133-2.jpg

P1140139-2.jpg


 また、『頑張れ日本!』の幟を掲げているのを見た年輩の男性が「おおっ、チャンネル桜か! ときどき見とるで。今回は何やっとんや?」と声をかけてくださったり、「朝日新聞を糺す」の立て看板を見た方が「え? 朝日新聞てアカンの? 知らんかったわ。ほな止めるわ」と宣言してくださったり、嬉しい反応もありました。

 そして、今回は、2月4日に予定している『頑張れ日本!全国行動委員会三重県四日市支部設立5周年記念 日本文化チャンネル桜キャスター佐波優子 講演会』のフライヤーも併せて配付してきました。

佐波優子 フライヤー 成果品 表  (1) 支部ブログ用

佐波優子 フライヤー 成果品 裏  (2)支部ブログ用


 なお、次回の活動は1月28日(土)の予定です。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する