頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部

国民運動組織『頑張れ日本!全国行動委員会』の三重県四日市支部です。誇りある日本を取り戻すべく、草の根の民が起ち上がる「草莽崛起」の運動を展開しています。三重県民よ結集せよ

プロフィール

三重乃日の丸

Author:三重乃日の丸
 頑張れ日本!全国行動委員会の三重県四日市支部へようこそ。
 日本各地に住む草の根(草莽)の一日本人として、祖国の危機を踏まえ、吉田松陰が主張したところの「草莽崛起」を決意し、地に足のついた生活の中から、日本と日本人を見つめ、友や同胞のために「涙」流し、家族のために「汗」を流し、祖国のために「血」を流せる、そんな日本人らしい魂を持った新しい草の根(草莽)の全国組織として、『頑張れ日本!全国行動委員会』が平成22年2月2日に設立されました。
 そして、我らが三重県にも、平成24年3月23日に『三重県四日市支部』を設立しました。
 

  • 朝日新聞を糺す百万人署名&美しい日本の憲法をつくる一千万人署名報告

 近鉄四日市駅前のふれあいモールにて10月11日の午後、『朝日新聞を糺す百万人署名』と、『美しい日本の憲法をつくる一千万人署名』の活動を同時に、4時間にわたって行いました。
 チラシさえもなかなか受け取ってもらえない状況ながらも、立て看板やポスター、パネルなどを見て、署名に協力してくださる方もチラホラ・・・。
 署名してくださった方々の中には、「ここは岡田克也の地元だから、こういう活動してると民主党から圧力かけられたりしませんか?」と心配してくださるサラリーマンや、『(従軍)慰安婦問題は朝日新聞の捏造!』と背中に書いた黄緑色のTシャツを見て「これ!これがイイよねぇ!」と励ましてくださる年配の女性もいらっしゃいました。
 また、「ぼく、チャンネル桜見てます。でも『頑張れ日本!』が四日市でも活動してるとは知りませんでした。頑張ってください」と激励してくださる若い男性もいらっしゃいました。
 そうして、たとえ少数といえども協力してくださる方や、きちんと見てくださっている方がいると思うと、励みになります。
 当支部としては、東京本部のように頻繁には活動できませんが、『草莽崛起』をできるだけ定例化していきたいと思います。

PA110004-2.jpg

PA110010-2.jpg

PA110006-2.jpg

PA110012-2.jpg


 なお、途中で近くの諏訪交番のお巡りさんがやってきました。なにやら通報でもされたのでしょうか。でも、私たちは関係機関の許可を得て活動していたし、実際に許可証も携帯していたので、それを見せたところ、お巡りさんの態度も一変し、「なるほど。そういうことならわかりました。もしなにかありましたら、諏訪交番におりますので、いつでもご連絡ください」と満面の笑みに。やはり、正々堂々と、正規の手続きを経て、“お天道様に恥ずかしくない”活動をすることが大切ですね。もちろん、いつだってそうですが・・・。

 ちなみに、この日、私たちが活動を始めたころ、同じふれあいモールの中で、私たちの場所から100mほど離れた場所において、共産党の県議とその一派か、あるいはサヨクと思しき連中がトラメガを使って街宣を行い、チラシなども配っていました。やれ憲法9条がどうのこうのと・・・。彼らはこの日の街宣をやるにあたって、正規の手続きを踏んでいたのでしょうか? 所轄署の担当課には届けが出されていなかったようですが・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する