頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部

国民運動組織『頑張れ日本!全国行動委員会』の三重県四日市支部です。誇りある日本を取り戻すべく、草の根の民が起ち上がる「草莽崛起」の運動を展開しています。三重県民よ結集せよ

プロフィール

三重乃日の丸

Author:三重乃日の丸
 頑張れ日本!全国行動委員会の三重県四日市支部へようこそ。
 日本各地に住む草の根(草莽)の一日本人として、祖国の危機を踏まえ、吉田松陰が主張したところの「草莽崛起」を決意し、地に足のついた生活の中から、日本と日本人を見つめ、友や同胞のために「涙」流し、家族のために「汗」を流し、祖国のために「血」を流せる、そんな日本人らしい魂を持った新しい草の根(草莽)の全国組織として、『頑張れ日本!全国行動委員会』が平成22年2月2日に設立されました。
 そして、我らが三重県にも、平成24年3月23日に『三重県四日市支部』を設立しました。
 

  • 河野談話の検証結果が発表されました

いわゆる河野談話に関する検証結果が、内閣総理大臣官邸から発表されました。

以下のURLから印刷できるので、是非ご一読ください。

『慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯 ~河野談話作成からアジア女性基金まで~』

そして、この検証結果を読んだ赤池誠章・参議院議員が、以下のような感想と分析を公開なさっています。
以下***内、抜粋

*****************************
河野談話の検証を公表
 6月20日(金)に政府は、「慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯~河野談話作成からアジア女性基金まで~ 」を公表しました。
 韓国は、この公表に反発して、不法占拠する竹島周辺で、威嚇のための射撃訓練を行いました。
 この文書を一読して、以下3点のことを感じました。
 第一は、いわゆる慰安婦を日本が「強制連行」した事実はなかったことが、改めて確認でき、そのことを韓国も承知していたということです。
 第二は、「河野談話」は日本の官房長官談話ではなく、日韓両政府が綿密な打ち合わせの下で発表した共同宣言、外交文書だったということです。そのことを知られたくない韓国が、射撃演習など、猛反発しました。
 であればこそ、菅官房長官がいうように、「河野談話」を見直さないとの政府見解は、外交措置ということになります。見直すためには、相手があることでもあり、時間がかかるということでもあります。
 第三は、日本政府が、宮沢内閣や村山内閣など、人道人権を重視するリベラル政権であることが、逆に日本の名誉と国益を損ねたということです。一方、韓国政府の無責任な猫の目対応は目を覆うばかりです。
 日本の名誉を損ね続ける「河野談話」見直しに向けて、7月の「占領の軛研究会」(平沼赳夫会長、中山恭子幹事長)でも取り上げたいと思います。
*****************************

時の政権だった宮沢内閣と当時の韓国政府によって捏造され、事実が歪曲され、嘘が塗り固められたことによって、我が国の名誉が傷つけられ、誇りが穢され、今や世界中で嘘が喧伝され続けています。
アメリカでは日本人の子弟が学校などで酷い苛めを受ける事態になっています。
これらを放置しておくことはできません。

みなさまも是非、検証結果を読んで、事実関係をしっかりと把握し、情報の拡散に努めてくださいますよう、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する