頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部

国民運動組織『頑張れ日本!全国行動委員会』の三重県四日市支部です。誇りある日本を取り戻すべく、草の根の民が起ち上がる「草莽崛起」の運動を展開しています。三重県民よ結集せよ

プロフィール

三重乃日の丸

Author:三重乃日の丸
 頑張れ日本!全国行動委員会の三重県四日市支部へようこそ。
 日本各地に住む草の根(草莽)の一日本人として、祖国の危機を踏まえ、吉田松陰が主張したところの「草莽崛起」を決意し、地に足のついた生活の中から、日本と日本人を見つめ、友や同胞のために「涙」流し、家族のために「汗」を流し、祖国のために「血」を流せる、そんな日本人らしい魂を持った新しい草の根(草莽)の全国組織として、『頑張れ日本!全国行動委員会』が平成22年2月2日に設立されました。
 そして、我らが三重県にも、平成24年3月23日に『三重県四日市支部』を設立しました。
 

  • 三重県四日市支部設立5周年記念行事の動画

当支部の設立5周年記念行事の動画をyoutubeに上げました。

以下のリンク先から是非ご覧ください。

佐波優子 講演会『日本国憲法このままでは頭上と足元から日本が壊れていく』

第5回三重草莽崛起フォーラム・頑張れ日本!全国行動委員会三重県四日市支部設立5周年記念行事 憲法問題パネルディスカッション



スポンサーサイト
  • 特別ゼミ終了

 きょう18日、四日市市内にて『憲法問題特別ゼミ』を開催しました。講師は南出喜久治弁護士。草莽崛起の運動についてヤル気のあるメンバーが集まり、現行憲法が有効なのか無効なのかという問題について議論しました。
 新無効論と銘打ってはいますが、その理論は本当に“無効”なのではなくて、“限られた範囲で有効”であるという論理でした。
 なかなか難しくてついていけない人もいましたが、それでも侃侃諤諤の議論をみっちり3時間以上やり、理解が深まったのではないかと思います。