頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部

国民運動組織『頑張れ日本!全国行動委員会』の三重県四日市支部です。誇りある日本を取り戻すべく、草の根の民が起ち上がる「草莽崛起」の運動を展開しています。三重県民よ結集せよ

プロフィール

三重乃日の丸

Author:三重乃日の丸
 頑張れ日本!全国行動委員会の三重県四日市支部へようこそ。
 日本各地に住む草の根(草莽)の一日本人として、祖国の危機を踏まえ、吉田松陰が主張したところの「草莽崛起」を決意し、地に足のついた生活の中から、日本と日本人を見つめ、友や同胞のために「涙」流し、家族のために「汗」を流し、祖国のために「血」を流せる、そんな日本人らしい魂を持った新しい草の根(草莽)の全国組織として、『頑張れ日本!全国行動委員会』が平成22年2月2日に設立されました。
 そして、我らが三重県にも、平成24年3月23日に『三重県四日市支部』を設立しました。
 

  • 平成27年(皇紀2675年)の活動納め

  今日は、当支部として今年の「活動納め」でした。実施したのは定例の街頭署名宣伝です。
『朝日新聞を糺す100万人署名』
『美しい日本の憲法をつくる1000万人署名』
『政府は全勢力を傾けて全ての拉致被害者を早急に救出せよ』署名
『北方領土返還要求署名』
を同時並行で実施したほか、来年1月30日開催の『第4回三重・草莽崛起フォーラム「佐藤正久講演会」』の告知街宣も実施いたしました。
 定例街宣の場所は、軌道敷の下なので雨や雪はしのげるものの、寒風が吹き抜けていく場所です。そこで「署名にご協力ください」と声を張り上げながら、チラシを配布しつつ、街頭宣伝を行いました。
 とある男性は、『朝日新聞を糺す国民会議』の幟を指差し、「あの字(糺のこと)はなんて読むの?」。こういう質問を受けることは、当地ではたびたびあります。あるいは他の女性は『草莽崛起』を指差して「なんて読むの?」という質問も・・・。そうです。これが現実なのです。これが現実ではありますが、それでも、この地域においては、そういう興味を持ってくれるだけでも、ありがたいことだと思わねばなりません。「糺す」の読み方を訊ねてきた男性は、その意味について説明すると、「なるほど!そういうことですか!頑張ってください!!」と。
 また、「朝日新聞は本当にケシカラン。こういう声をあげていくってことは大切ですよね。お金にならない“仕事”だろうけど、頑張ってください」と激励してくださる方もいらっしゃいました。まぁ、仕事じゃないんですけどね。(^^;)
 『第4回三重・草莽崛起フォーラム』のパネルに見入っていて署名にご協力くださったご婦人や、「安倍総理を応援している」と話しつつ全ての署名に協力してくださった男性などもいらっしゃいました。
 本年の当支部の活動は今回で終了です。支部の活動にご参加くださった皆様、お疲れ様でした。そしてご協力くださった方々、ありがとうございました。
 また来年も、少しずつでも、手探りでも、一歩一歩、確実に前に進んでいくような、“草莽崛起”に取り組んでまいります。

PC270012-2.jpg


PC270001-2.jpg

PC270004-2.jpg

スポンサーサイト
  • 署名と講演会の告知街宣

 頑張れ日本!全国行動委員会三重県四日市支部は昨日20日、『朝日新聞を糺す100万人署名』、『美しい日本の憲法をつくる1000万人署名』、『政府は全勢力を傾けて全ての拉致被害者を早急に救出せよ』署名と、そして『北方領土返還要求署名』を同時並行で行いました。
 また、これに併せて、1月30日にご当地にて開催する『第4回三重・草莽崛起フォーラム「ヒゲの隊長こと参議院議員・佐藤まさひさ講演会」』の告知宣伝も実施しました。
 いつもなら設営開始から撤収完了までトータル4時間のコースなんですが、昨日は諸般の事情により、2時間半ほどで終了となりました。
 それでも、何人かの人が署名してくれたほか、草莽崛起フォーラムにも興味を抱いてくださる方がいらっしゃいました。
 ただ、まだまだ「朝日新聞はとってもイイ新聞よ」などとのたまう“脳みそお花畑シンドローム”なご婦人や、メディアリテラシーの身についていない若者が大半のようで、“草莽崛起”の道は実に険しいと実感いたします。
 とはいえ、それでも、日本を取り戻すためには草莽の志士を糾合義挙せねばなりません。このため、地味に、不屈に、地道に、諦めずに、取り組んでまいります。


PC200003 改

PC200002 改

PC200001 改
  • 定例の署名街宣を行いました

 12月13日の日曜日、当支部の定例活動として、『美しい日本の憲法をつくる1000万人署名』と、『朝日新聞を糺す100万人署名』の活動を行ってきました。
 そして今回からパワーアップさせることにして、上記の2つだけでなく、救う会が取り組んでいる『政府は全勢力を傾けて全ての拉致被害者を早急に救出せよ』署名と、『北方領土返還要求署名』も併せて行うことといたしました。
 4つもまとめて署名してもらうとなると、書く方も大変なんですが、それでも趣旨をを理解してくださる方は、きちんと署名してくださいました。
 この日の最後に署名してくれた高校生と思しき女の子は、『朝日新聞を糺す100万人署名』を記入しながら、「私も頑張れ日本!全国行動委員会を応援してるんです。頑張ってください!」と激励してくれました。

PC130010-2.jpg

PC130017-2.jpg

PC130015-2.jpg

PC130021-2.jpg

PC130025-2.jpg

PC130026-2.jpg


  • 第4回三重・草莽崛起フォーラムのお知らせ

 今回で第4回を数える『三重・草莽崛起フォーラム』ですが、今回は参議院議員・佐藤正久先生を三重県四日市市にお招きし、講演をしていただきます。

 支那による侵略の魔手がひたひたと迫ってきている現状において、我が国の防衛安全保障政策は待ったなしの状況を迎えております。そんな中、平成27年9月に平和安全保障法制が国会で可決成立し、安全保障に関する法整備が少しだけ前進しました。しかしまだまだ不充分であり、我が国の平和が脅かされている状況は変わっておりません。

 そこで、元・陸上自衛官である佐藤正久参議院議員をお招きし、我が国の安全保障について講演していただきます。

 佐藤先生は、国連PKOゴラン高原派遣輸送隊初代隊長や、イラク先遣隊長、復興業務支援初代隊長第7普通科連隊長などを歴任され、参議院議員になってからは防衛大臣政務官もなさいました。まさに安全保障に関するエキスパートでいらっしゃいます。今般の安全保障法制の整備にあたっては、筆頭理事として尽力なさいました。
 また、平成25年には国家安全保障局設置法、特定秘密保護法成立にあたっても、参議院国家安全保障特別委員会筆頭理事として貢献なさいました。

 この絶好の機会に、“ヒゲの隊長”こと佐藤正久先生に色々な質問もぶつけてみて、我が国の平和と安全について、地に足の着いた考察を行い、みんなで一緒に考えてまいりましょう。

【第4回三重・草莽崛起フォーラム】
 『参議院議員・佐藤正久 講演会』
日時/平成28年1月30日(土)
         13:00~15:00
会場/四日市市文化会館
    (三重県四日市市安島2-5-3)
    (近鉄四日市駅下車・徒歩10分)
主催/頑張れ日本!全国行動委員会
              三重県四日市支部
参加費/1,000円

※問い合わせ先/090-4799-0902(坂本)

講演会チラシ 表
講演会チラシ 裏



  • また紹介されました

 11月23日に行った街頭宣伝署名活動の様子が、日本文化チャンネル桜の11月26日付『桜プロジェクト』で放送されました。

 高清水有子キャスターが報告してくださった上で、水島総幹事長がコメントしてくださいました。

以下、幹事長のコメント。
「四日市の皆さん、頑張ってください。ホントにこういうね、ちょっとしたことがホントにわずかわずかですけども、拡がっていくということであります。あのぅ、ぜひ、他の全国各地の皆さんも、えー草莽の皆さんも、自分にできることは何だろうということで、もしアレだったらご相談してください。東京のほうにね。なんかできることとか、皆で一緒に考えてみたいと思います」。

動画はコチラ(01:05あたりから)↓
【草莽崛起】「言志」最新号御案内、朝日・NHKへのめげない戦いを[桜H27/11/26]