頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部

国民運動組織『頑張れ日本!全国行動委員会』の三重県四日市支部です。誇りある日本を取り戻すべく、草の根の民が起ち上がる「草莽崛起」の運動を展開しています。三重県民よ結集せよ

プロフィール

三重乃日の丸

Author:三重乃日の丸
 頑張れ日本!全国行動委員会の三重県四日市支部へようこそ。
 日本各地に住む草の根(草莽)の一日本人として、祖国の危機を踏まえ、吉田松陰が主張したところの「草莽崛起」を決意し、地に足のついた生活の中から、日本と日本人を見つめ、友や同胞のために「涙」流し、家族のために「汗」を流し、祖国のために「血」を流せる、そんな日本人らしい魂を持った新しい草の根(草莽)の全国組織として、『頑張れ日本!全国行動委員会』が平成22年2月2日に設立されました。
 そして、我らが三重県にも、平成24年3月23日に『三重県四日市支部』を設立しました。
 

  • 1月25日は河添恵子さんの講演会

来年1月は、ノンフィクション作家の河添恵子さんの講演会を開催します。
「第2回三重・草莽崛起フォーラム『危険な隣国 中国人が日本を侵略する』河添恵子講演会」です。

日時/平成26年1月25日(土) 14:00~16:00(13時開場)
会場/四日市市文化会館第3ホール
   (http://yokkaichi-shinko.com/yonbun/)
参加費/1,000円
問合せ/itaike240@yahoo.co.jp

※講演会終了後、河添先生の新著などの即売会&サイン会を行います。
※サイン会の後、会場を移して、河添先生を囲んでの懇親会も開催します(要・事前申込、参加費4,000円程度)


<河添恵子さんプロフィール>
 ノンフィクション作家。昭和38年千葉県松戸市生まれ。名古屋市立女子短期大学卒業後、昭和61年より北京外国語学院、翌年より遼寧師範大学へ留学。平成5年に作家活動をスタート。主な著書は『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(産経新聞出版)、『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)、『中国人とは愛を語れない!』(並木書房)、『アジア企業in JAPAN』(PHP研究所)、『エリートの条件―世界の学校・教育最新事情』(学研)など。その他にも、11月28日に新著として『だから中国は日本の農地を買いにやって来る』(産経新聞出版)を上梓した。
 産経新聞コラム、『正論』壁新聞、その他、『WⅰLL』『週刊文春』『新潮45』『サピオ』『テーミス』などで執筆。ネットTVで『河添恵子 世界を語る』(チャンネルAJER)に出演中。TVコメンテーターとしての出演も多数。取材は40ヵ国以上。


河添恵子講演会 フライヤー 公式サイト用
スポンサーサイト
  • sayaライブの詳細が決定

2月8日に名古屋で開催されるsayaさんのライブの詳細が決まりました。
まず、フライヤーはコチラ。

25年2月ライブフライヤー saya sweet valetine session

開催日=皇紀2674年2月8日土曜日
会場=Live DOXY(http://www.doxy.biz/)
料金=ライブチャージ2,800円、テーブルチャージ500円
   ※飲み物、食事などは別途かかります。
時間=1stステージ19:30、2ndステージ21:00
   ※入れ替えはありません。
予約=☎052-242―1227
   ※予約開始日については、12月18日に決定する予定。
  • 尖閣諸島集団漁業活動参加報告会 終了

 尖閣諸島集団漁業活動に行ってきた内容について報告する『尖閣諸島集団漁業活動 参加報告会』を12月8日、三重県四日市市塩浜町の三重北勢健康増進センターにて開催しました。

 当支部単独の取り組みで、しかも企画の発動から開催までわずか10日という強行軍であり、ほとんど宣伝もできず、ロクな準備もないままの開催になってしまいました。それでも合計13人が参加して、小ぢんまりとした会でしたが、その分、みなさん熱心に話を聴いてくださいました。

 さらに、音響装置から音が出ないというトラブルや、初っ端でいきなりパワーポイントから写真が消えるというアクシデントに見舞われたものの、支部の仲間の助けもあって、なんとか乗り切ることができました。

 あとでわかったことですが、会場には海上保安庁の第4管区海上保安本部警備救難部に所属する現職の海上保安官の方がおみえになっていて、あとで挨拶されて、吃驚しました。
 海上保安官の方々も、尖閣での状況や、私たちが行っている『尖閣諸島集団漁業活動』については、興味を持ってご覧になっているようです。終了後に少しでしたがお話しができて、現場で働く海上保安官の気持ちについて、代弁してくれました。
 保安官氏いわく「ご存じのとおり、海上保安官は警察職であり、法律で定められたことしかできないはず。それなのに尖閣ではああいう状態になっているのは、私もよくわからない。実際に現場に行かれた貴方が憤りを感じたその気持ちは、私にもよくわかります」とおっしゃっていました。
 また、「現場で働いている保安官は、上からの命令があればその通りに動くしかない。今日の写真や動画に映っていた保安官のみんなも、内心忸怩たるものがあったのではないかと思います」とも。

 報告会終了後、支部のメンバーその他6人で懇親会を開き、今後の活動の在り方などについても実のある話し合いができました。とりあえず、来年1月25日開催の『第2回三重・草莽崛起フォーラム「危険な隣国 中国人が日本を侵略する」河添恵子講演会』に向けて、準備を進めていきます。

PC080532 改

PC080533 改

PC080538 改

PC080543 改



 
  • 2月8日sayaライブの概要が決定

来年2月8日に開催する「saya名古屋ライブ」の概要がまとまりました。
会場は18:30。
1st stageは19:30~、2nd stageは21:00から。
2部制ではありますが、入れ替えはありません。

チケット代については、ライブチャージが2,800円、テーブルチャージが500円。つまり合計で3,300円です。
ただし、飲み物や食事代は別途にかかります。

会場はLive DOXY。
〒468-0008
愛知県名古屋市中区栄4丁目5-22 はとビルB1F
☎052-242-1227
http://www.doxy.biz/index.html

チケット予約はお店で受け付けます。
予約開始時期は未定なので、あらためてお知らせします。

暫定ではありますが、現行のフライヤー(チラシ)はコチラ。
saya 名古屋ライブ 暫定

なお、ライブのタイトルや細かいデザインなどは変更される場合がありますが、このフライヤーでも印刷して配付してくださっても結構です。
宣伝をお願いいたします。

  • 12月3日付チャンネル桜でも告知が出ました

12月8日の『尖閣諸島集団漁業活動 参加報告会』について、3日(火)付のチャンネル桜の放送でも告知していただきました。

チャンネル桜 12月3日付の放送より