頑張れ日本!全国行動委員会 三重県四日市支部

国民運動組織『頑張れ日本!全国行動委員会』の三重県四日市支部です。誇りある日本を取り戻すべく、草の根の民が起ち上がる「草莽崛起」の運動を展開しています。三重県民よ結集せよ

プロフィール

三重乃日の丸

Author:三重乃日の丸
 頑張れ日本!全国行動委員会の三重県四日市支部へようこそ。
 日本各地に住む草の根(草莽)の一日本人として、祖国の危機を踏まえ、吉田松陰が主張したところの「草莽崛起」を決意し、地に足のついた生活の中から、日本と日本人を見つめ、友や同胞のために「涙」流し、家族のために「汗」を流し、祖国のために「血」を流せる、そんな日本人らしい魂を持った新しい草の根(草莽)の全国組織として、『頑張れ日本!全国行動委員会』が平成22年2月2日に設立されました。
 そして、我らが三重県にも、平成24年3月23日に『三重県四日市支部』を設立しました。
 

  • 朝鮮学校無償化阻止へのパブコメにご協力を

下村文部科学大臣会見(平成24年12月28日):文部科学省

上の動画にあるように、今日、文部科学大臣の下村先生が、朝鮮学校を無償化の適用対象から外すための省令改正を行うと発表しました。
こんなことは当たり前のことであって、民主党政権下で問題になったこと自体がおかしいわけです。

しかし、我々草莽は気を抜いてはいけません。
というのは、今日から1カ月間、省令改正にあたっての意見公募手続き(パブリックコメント)が始まっています。
この公募手続きで在日の輩が大挙して「省令改正反対」などと運動を始めてしまう可能性があります。
なんとしてでも、文部科学省には省令改正をさせて、朝鮮学校無償化を阻止せねばなりません。

そこで、草莽の皆様には、今回の意見公募手続きに従って、「省令改正に賛成」、「朝鮮学校無償化には反対」のコメントを出していただきたいわけです。

電子政府の総合窓口(イーガブ)から、意見提出フォームにアクセスして、省令改正に賛意を示してください。
イーガブへはこちら↓からどうぞ。

公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に関するパブリックコメント(意見公募手続)について
スポンサーサイト
  • saya ☆ Live in Nagoya 2013.1.13 (sun)

平成25年(皇紀2673年)1月13日は、sayaライブの日です。
名古屋で開催する初めてのsayaライブはとても貴重な機会です。
ライブハウスに確認したところ、昨日の時点でチケットはまだまだ残っているとのこと。
ぜひぜひ足をお運びください!

主催者さんのfacebookページの告知をそのまま転記させてもらいます。

***************************

saya ☆ Live in Nagoya 2013.1.13 (sun)

◆日時
2013/01/13(日)open 18:00 1st start 19:00 2nd 20:30

◆ライヴ・プログラム
1st saya(vo)&塩入俊哉(pf) Duo sayaオリジナル他
2nd 高島基明(b)、ロベルト山田(ds)が加わり、Jazz他セッション

当日は入れ替え無しです。
1st、2nd通しで、違った内容のライヴをお楽しみいただけます。

◆会場
ライブハウス 名古屋市栄DOXY
名古屋市中区栄4丁目5-22 はとビルB1F TEL:052-242-1227
http://www.doxy.biz/access.html
お料理の美味しいお店ですよヽ(・∀・)ノ

◆ご予約・チケットご購入
前売¥3,000 当日¥3,500
ご予約受付開始・チケット販売開始 2012/11/1
http://www.doxy.biz/reservation.html
※詳しくはDoxyのRESERVATION ページをご覧下さい。

今回は、客席50席(補助席追加で最大60席)の小規模
ライヴとなります。
とてもとても貴重なライヴになると思います。
名古屋、近郊の皆さんに、sayaちゃんの素晴らしい歌を
聴いていただきたいです。

皆様のお越しをお待ちしております。

***************************

以上です。
ぜひぜひ、ナマのsayaちゃんを観に行きましょう!!
  • 衆議院議員選挙結果と今後

なにはともあれ、安倍晋三氏が率いる自民党が衆議院議員選挙に大勝利したことを嬉しく思います。まずはおめとうございます。

ご当地の結果はというと、民主党の岡田克也と中川正春が2人とも小選挙区で当選してしまうという悲惨なことに…。

とはいえ、自民党の島田佳和候補(三重2区)も、桜井宏候補(三重3区)もそれなりに得票を伸ばして、なんとか比例代表で復活して当選してくれました。
今日のお昼過ぎには、島田氏の後援会から御礼の電話が架かってきました。

さて、これにより、三重県全体としては、衆議院議員7人のうち、5人が自民党、2人が民主党という結果になりました。


頑張れ日本!全国行動委員会としては、自民党を支持しているわけではありませんが、今回は安倍救国内閣を樹立し応援する立場を採っているし、安倍氏の「戦後レジームからの脱却」という方向性は、私たちが考えていることと合致しています。
よって、全面的に安倍体制を応援していくことになるでしょう。


そうなると、次なる闘いは来年夏の参議院議員選挙ということになります。

国会が二院制である以上、参議院でも安倍自民党を勝利させないかぎり、議案の反対や問責決議やらで足を引っ張られて、スムーズに事が運べなくなってしまうからです。

ご当地から選出されている参議院議員は定数2人で、どちらも民主党議員です。うち1人が来夏の改選となりますので、是が非でも落選させなければなりません。
当支部においては、そのための闘いに着手します。


また、今後はそうした選挙戦以外の分野でも、『草莽崛起』の活動を進めてまいります。


三重県四日市支部では、一緒に活動してくださる方や支部会員を随時大募集しておりますので、いつでもお気軽に下記アドレスにご連絡ください。
連絡先/itaike240@yahoo.co.jp

  • 女性宮家創設反対の意見表明をお願いします

憲法学者で明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏からの情報です。
facebookで拡散されつつある情報ですが、以下に転載します。

************************

【緊急・重要】
各位

本日未明、恐ろしい情報が財団に入ってきました。
政府が行っている『女性宮家』の賛否を問う意見公募で、
なんと、我が男系派が劣勢に立たされているというのです。
女性宮家賛成が2000件、反対が500件との情報もあります。

そして、この意見公募の締め切りは「本日」(12月10日)です。

今からでも遅くはありません。
本日中に、少なくとも、あと2000件の反対意見を送付したく思いますので、
ぜひご協力をお願いいたします。

意見を送付する方法は3つあります。

1、 メールで送る(本日、12月10日23時59分59秒締め切り)
送付先 goiken.ronten@cas.go.jp

2、 葉書で送る(本日、12月10日消印有効)
送付先 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6ー1
   内閣官房 皇室典範改正準備室「意見募集」係 宛
   切手は各自貼ってください

3、 ファックスで送る(本日、12月10日23時59分59秒必着)
送付先 内閣官房 皇室典範改正準備室「意見募集」係 宛
     FAX 03-3581-9826

■必須事項を必ず書くようにしてください
 氏名
 職業
 住所
 連絡先電話番号またはメールアドレス

■意見を書くポイントは次の通りです
(そのまま写すと全員同じ文になってしまうので、自分の言葉で表現してください)
(なお、「理由」は参考までに表示します)
それぞれのポイントにつき、先ず賛成か反対かを明確に書き、その上で、理由を書いて下さい。
長文である必要はありません。
ポイントごとの賛否と、一言理由が付けられていれば十分です。

ポイント1 「女性宮家創設」には反対します
  理由 伝統に反するから
     歴史的に先例がないから
     女性宮家を創設しても天皇陛下の御公務軽減になならないから
     皇位を担えない宮家を創設しても意味が無いから
     旧皇族を活用する方法を先に検討すべきだから
     違和感があるから
     女系天皇への道を開くことになるから

ポイント2 「公務員案」にも反対します
  理由 皇族が公務員とは違和感があるから
     天皇も公務員であるかのような誤解を与えるから
     皇族と公務員は似ても似つかないから
     皇族を公務員とするなど不敬だから
     公務員でなくてもできることが多いから
     御公務が義務となってしまうとおかしいから

ポイント3 「尊称保持案」にも反対します
  理由 尊称を保持しなくても公的な役割は担えるから
     尊称保持者の子について混乱するから
     「元皇族」で十分だから
     違和感があるから

ポイント4 旧皇族を皇族に復帰する案には賛成します
  理由 旧皇族には歴代天皇の男系の男子がいるから活用すべき
     これぞ伝統に則った方法だから
     先人達の知恵に学ぶべきだから

皇室の存続のためには、女性宮家の可能性をここで摘んでおく必要があります。
ぜひ多くの方が、本日中に行動を起こして下さることを期待します。

当然、転送歓迎です。

竹田研究財団 戦略室

***********************************

以上です。

女性宮家創設を認めてしまえば、125代続いて来た男系は途絶えてしまいます。
万世一系の皇統が崩壊してしまいかねないのです。
これは皇国日本のくにがらを変えてしまう重大問題であり、断固阻止せねばなりません。

ところが、この反対意見を表明できるのが、なんと本日が締切です。
2000人以上の反対意見が必要です。
大至急の情報拡散と、皆さんの反対意見表明が必要です。
なにとぞご協力をよろしくお願いいたします。


インターネットで意見表明する際は、

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060121009&Mode=0

上記アドレスの電子政府総合窓口にアクセスして、同欄の一番下にある『意見提出フォーム』から書式に則って提出してください。

郵送やFAXなどの場合は、案件名を必ず、『「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に関する意見の募集について』としてください。


  • 衆院選の開票で不正の可能性が!?

今回の衆議院議員選挙ですが、16日の夜に行われる開票・集計の段階で、在日外国人らによる不正が行われる可能性があることがわかりました。

すでにfacebokなどのSNS上では情報が拡散されつつありますが、以下のサイトをご覧ください。

http://page.mixi.jp/view_page_feed_entry.pl?page_id=23161&feed_id=28157606&from=home_information_feed

http://www.hoshusokuhou.com/archives/20966120.html?__from=mixipage

http://ameblo.jp/tachiagare-nihonjin/entry-11421556665.html

今度の選挙の開票に当たるスタッフの採用条件には、国籍条項が入っていないようです。
つまり、在日朝鮮人や中国人などの反日思想を持つ外国人でも開票作業ができるのです。

ということは…
例えば、開票した投票用紙に「自由民主党」と書かれていても、「自由」を消してしまえば、「民主党」の票に変わってしまいます。
投票用紙は鉛筆書きですから、容易に改竄ができてしまうのです。

あるいは、彼ら工作員があらかじめ用意した投票用紙にすり替えてしまう可能性すらもあるのです。

決して考えすぎではありません。

韓国は“妄想の国”、中国は“捏造の国”です。
どちらも不正と犯罪が日常茶飯事の国であり、どちらも嘘をつくことになんらの罪悪感も持たない民族です。

そんな民族が日本に入り込んでおり、今回の大切な選挙の開票作業を行う可能性があるということなのです。

こんなことを看過したら、間違いなく正当な開票作業は行われないであろうことは容易に想像できます。


皆様がお住まいの地域ではいかがでしょうか?

皆様がお住まいの市区町村の選挙管理委員会に、大至急、電話あるいは直接出向いて抗議してください。

抗議だけではなく、在日外国人を開票スタッフに入れていないかどうか、スタッフの選定にあたって、身元調査を行ったのかどうかも確認をお願いします。


日本を護ることができるかどうかが掛かった、極めて重大な選挙です。
あくまでも公平・公正に開票・集計が行われなければなりません。
何卒皆さんのご協力をお願いいたします。

また、今事案についてご存知ない方にも周知するため、情報の拡散をしてくださいますよう、かさねてお願い申し上げます。
  • 7日の夜、あの片山さつきがご当地に来る!!

【拡散希望】

緊急告知です。

明日7日の19時より、三重県の四日市市文化会館第1ホールにおいて、衆議院議員選挙の三重2区と三重3区合同の自民党総決起大会が行われます。

ゲストとして、参議院議員で自民党影の内閣経済産業副大臣の片山さつき女史も登壇されます。

ぜひ足をお運びください。
  • 岡田&中川落選運動、ひとまず終了

一昨日、「岡田克也&中川正春落選運動第3回合同ポスティング」を実施し、残っていたチラシ904枚を配付しました。
一昨日参加してくださった4人のみなさん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

本部と相談しながら今回のチラシを作成してちょうど2週間。今回用意した5,500枚のほか、チャンネル桜のチラシ1,000枚と、『頑張れ日本!全国行動委員会』のチラシ1,000枚、桜新聞200枚の合計7,700枚を一軒一軒配付して廻りました。

これにて、ひとまず、「岡田&中川落選運動」は一段落です。
明日、いやもう日付が変わって今日か。
今日はいよいよ衆議院選挙の公示です。

今回の選挙によって、我々草莽の不屈の意志が届き、必ずや、戦後体制を打破し、強くて豊かで誇りある皇国日本を甦らせてくれる真正保守政権が誕生すると、私は信じています。


そして、真正保守政権が誕生した後も、私たちの闘いは終わりません。
まだまだ課題・難題は山積しているのであって、日本が危機的な状況にあることは変わりませんから。

とは申せ、ひとまず、今日の公示、16日の投開票を楽しみに待つことにしましょう。
もちろん、近隣の独裁国家や反日国家などの動向にも注意しながら…。
  • 第2回ポスティング終了、お疲れ様でした

本日、『岡田克也&中川正春落選運動第2回ポスティング』を実施いたしました。
私以外に4人が参加してくださいました。

寒風吹きすさぶ中、てくてく歩きまわり、スタスタ走り回り、お疲れ様でした。
1,600世帯ほどのエリアでしたが、空き家などもあったことを考慮すると、1,400~1,500軒くらいでしょうか。
ご苦労様でした。

巨大な住宅団地でしたが、全戸を制覇することができました。
ありがとうございました。

明日は『第3回ポスティング』です。
明日来られる方は、何卒よろしくお願いいたします。